Into Your Eyes を紐解く。

Yeah… Hey girl… Come here…
Woo… Something I wanna say
You know, Listen up

君が言いたいこと、わかってるよ。




さて、Into Your Eyesの意味深さを解読していかないといけない気がしてしまったので、自担ではないけどやってみようかな〜なんて。


まずライブ演出での薬指の指輪はひたすらに興奮しましたよね…知った瞬間心の中で何かが暴れまわりました。



ハイ。始めます。


何気ない 平日の夜
約束もないけれど こうして会えたね Alright
苦いコーヒー 飲めないくせに
「私もそれで」と 笑う

何気ない平日の夜に会うのは明らかに大人たち。
約束もないけど会えるってことは、きっとお互いの隠れ家的なバーで落ち合うのが二人の間の無言の約束。

で、次ですよ。
淳太くんの歌う「私もそれで」と笑ってるのって何となく確信犯じゃないです?
ここで私は、これは男性側から見た彼女の発言ではなく、彼女本人の発言として描かれていると仮定することにしてこの先を紐解いていく。
全ては女性側からの描写。

まるで 子供みたい
そっと 君を引き寄せ
「嘘つきめ」と抱きしめる

そうやって苦いコーヒー飲む私を、
彼は子供みたいだなと思いながら「嘘つきめ」と抱きしめてくれるんです。これを私は望んでいた。。
「嘘つきめ」ってメチャメチャ淳太くんの考えた歌詞っぽくてなんか可愛い…(笑)

Look into your eyes, girl
何も言わないで
Look into your eyes, girl
その笑顔は誰にも見せないで
鳴った 電話に 遮られた時間の
続きを 探そうか?

"何も言わないで"と、"その笑顔はだれにも見せないで"は女性が言ってるとすると、特定の誰かのことを言わないで欲しいんだよね。でその笑顔も私だけに見せていてほしい、と。

過去に男性側の電話がなり二人の時間を遮られた。
その続きが今日、なのかな?今日こそは………あの日の続きを。


Oh 君へと 近づくほど
友達のフリがうまくなってく Oh no baby
ワガママだって 愛せるけど
本当の 気持ちは 言えない

君に近づくほどに友達のフリは上手くなる…ホントはなりたくなんかないけど。友達でいればこの関係は誰にもバレることなんてないからね。
"ワガママだって愛せる"って、、
男側はかなり傲慢で、自分のタイミングでしか私を呼び止めてはくれない…んじゃないかな。
でも私から「会いたい」なんて言えない。


振り返りざま そっと 笑う 君に
「またいつか」と手を振った

「会いたい」「もっと一緒にいたい」なんて、もちろん言えたもんじゃないから、「またいつか」って、そのまたはいつになるのかなんて分からないまま別れる。


Look into your eyes, girl
どこにも行かないで
Look into your eyes, girl
その言葉を静かに飲み込んで
終電車に 乗り込んでいく君の
背中を 見ていた

言えなかった言葉は「どこにも行かないで」だったのか…最終電車に乗り込む君の背中を見て、言いたくても言えない言葉を静かに飲み込むのって切なすぎるだろ。


Get down, Break down
もっと恋に落ちてく
Get down, Cuz I can’t stop
瞳に溺れてく
Get down, Break down
もっと君に堕ちてく
Get down, Cuz I can’t stop
瞳に溺れてく
Woo… Pretty baby (Into your eyes)
Keep on lovin’ (Lovin’, Lovin’), Keep on lovin’ (All day)

情事を重ねる度に、どんどん好きになってく……
一生この愛を続けたい。このままでいたい。
どんどんしんどくなってくこの関係、やめなきゃって多分彼女は心の何処かで常に思ってる。



Look into your eyes, girl
もう何も聞かないで
Look into your eyes, girl
許された 時間を壊さないで
Won’t stop 君を
愛すほどに Lost my way
濡れたシャツもTake off

彼が彼女だけを見てくれる唯一の許された時間を大事にしてるんですね。だからこそ、もう何も聞かないで。「時間は大丈夫?」とか、そんなこと気にして欲しくない…ということかなと思ってる。
彼を愛するほどにもう自分を見失ってく。あぁ、何してんだろって涙で少し濡れたシャツを脱ぎ捨て…また彼と体を重ね合わせていく。

Look into your eyes
肌を重ねDancing
Look into your eyes
首に残すルージュと過ち
今日も 君の
寂しげな瞳が
うつす指のウソ

彼の首に残すんだよ、ルージュを。彼が最終電車で帰る前に。彼とはもう終わりなんだって感じ取った彼女が最後に彼に過ちを残す。
それが彼女の唯一の強がりにも見える。

"寂しげな瞳がうつす指のウソ"

これです最難関は

私はこう解きました。
"寂しげな瞳"はきっと彼女への愛などなく、自らの妻にしか向けられていない物寂しげな瞳、なわけですよ。

で、"うつす指のウソ"は、
彼女も指輪をしているんです。が、既婚者のフリをしていたのかな?なんて。
彼の罪悪感を半分こにする為に、もしくは彼に重い女だと思わせない為に。「私も結婚してる」となればお互いが必要以上に一線を越えてしまうことはないから。

ホントはただ、彼のことを愛していた。

彼には相手がいて、彼女には何もない。





う〜〜勝手にしんどい〜〜〜〜

結構いろんな方がいろんな解釈で読み取っていて、私も何か違うものをって考えた結果こんな感じになりました。

読み返すとあれ?なんて思うところもあるけど、それはまた気付いたことがあれば書き直していくことにします。

自担はいないのにどうしてもやりたくてついやってしまいました。すんません。。

個人的乗り越し備忘録


今この時点でわたしは乗り越しラブストーリーを歌う重岡くんを3回目に焼き付けてきました。


□横アリ1月3日(初日)

何よりも楽しみにしていた曲。

MCで重岡くん照史くんが捌けたとき、
あーーーくる…………
と心拍数が上がったまま下がらなかった。

二人が出てくる前に、ピアノと木箱が出てきて。
ぜっっっっったいに重岡くんがピアノを弾くとわかってしまって、もう涙が止まらない止まることを知らない………

マイクに少しだけ入る緊張の深呼吸。

マイクを通さないで重岡くんが口にしたカウント。

もう無理だった。

え、泣かないひとなんているの?くらいのテンションで泣いてたから、多分隣の友人は私の泣きっぷりを見て泣くことが出来なくなってしまったんじゃないかななんて思うと申し訳ない(そうじゃない可能性のがあるけども)

正直表情がどうなんてぼやけてしまって見えなくて。
本当にそれだけが後悔。泣きすぎて何も見えなくなって、聴こえてくるのはピアノと三線の音だけ。

隣にいた友人(小瀧担)にモニターを指さされ、目を向けてみたらそこには"手書きの歌詞"

もう見たくても涙で何にも見えなくて、僅かに見える歌詞は少し汚くて(だいぶ汚いけどそこは自担フィルター有)ものすごく愛おしかった。


モニターに映る手書きの歌詞、
そして間奏のアレンジにただただ感動して泣いてたら、重岡くんったら、無邪気に笑うんですよ。

完全に"照れ隠し"だとわかることってこんなに愛おしいんですね。

しんどかった。あんなに口を横に広げて照れ隠しの笑顔がモニターに映ってることに気付いたとき、
「あーもう多分私この人のことこの先もずっと好きだ」って思った。


□横アリ1月6日1部

前回泣いてしまってまともに聴けなかった、見れなかったところが多かったので、今回こそは…!と意気込み。。

まぁ泣いた。でも前回の泣き崩れるほどとまでは行かなかったので、ちゃんと聴いてた。見てた。

なのに…………!!!!!!!!


ただでさえエモみの強いThis is しんどいパートである"誕生日にくれた流行りのキャップ 実はサイズ きつい"



ここで事件が起きたわけですよ。



"実はサイズ…………………(史上最強のタメの笑顔)………………………(ポロン)きつい(顔のシワを究極に増やした笑顔)"



ダハーーーーーーッッ(擬音のセンス)
堪えてた涙ぜんぶ出てきちゃうよ出てきたよ……
(だがこのタメ、メチャメチャに長いのである)

でも今回はちゃんと見れたの。聴けたの。うう、モニターの手書きの歌詞も、ピアノに向かう重岡くん本人の偶像ではない現実の姿も。


□横アリ1月6日2部

この回はひたすら重岡くんを双眼鏡でロックオン。


始まる前にファミマの入店音ごっこなんかしてて、覚えてるけどその時はそんなことどうでもよかった(失礼)

今の私はピアノに向かう重岡くんを見ることしか考えてなくて、ひたすらピント調節。


右足をペダルに置き、左足でリズムをとる。


それだけでこんなにも愛おしいと感じるものなのかとドキドキした。なんか、ドキドキした。胸がギュンてした。


いつも通りカウントをして、始まった。

笑顔も過去イチ。アレンジも明らかに初日より上達していて、今までで一番良かった。そう思った。

ちなみに1部よりも長すぎず、ちょうど良いタメ。好きすぎる。
タメ後の笑顔と首の動きが好きすぎてなんかいろいろ出てきそうなくらい苦しくなった。


終わった瞬間、

「よっしゃーーーー!!!!!!」

泣くじゃんそんなの。

重岡くん照史くんがハイタッチをして、「今までで一番上手くできたなあ」と言い合う。

肩を組み捌けていく後ろ姿が物凄く頼もしくて、大好きなその人だった。


自担フィルターなんて一切なしにしても、
あの時会場は絶対重岡大毅してた。






私自身があと何回乗り越せるかわからないけど、きっと何度聴いても涙は出ると思います。何度ピアノに触れる重岡くんを見ても愛おしくてたまらなくなると思います。


自担が作詞、そしてピアノを弾いてくれるなんて夢にも見ていなかったことが現実として目の前で起きたので、すでに2018年後悔ないです。

なんか終わりかたがわかんないや。


とりあえず乗り越すたびに更新されると思いますけど、黙って見といてください。これからもしんどいを文字起こししますね。

乗り越しラブストーリーを深読みしてみた






我らが自担、重岡くんが作詞をしてくださいました。







いやまて作詞ってやばくない!?!?!?!?






WESTivalのクレジットが解禁された瞬間、こちとらまだそれ以外なんの情報も得ていないというのに涙。涙。涙。




しかもラブストーリーなんですよ……………

重岡くん"青春の擬人化"

そんな重岡くんが思い描くラブストーリーってなんだよ絶対にエモいじゃないか。







結果、メチャメチャエモかった!!!!!!!






さて、遅くなりましたが深読み開始です。
勝手な解釈なので異論は受け付けませんよ



ガタンゴトン揺れる僕らは
出会い別れまた恋をして
ドンと構えた僕の切符
乗り越しラブストーリー

電車に揺られる僕ら(男女)のストーリーですね。
ドンと構えた僕の"切符"
切符、がこの曲のキーワード。

この先進んでいけばわかりますが、"切符"は伝えたいある言葉、そして気持ち。

……乗り越しラブストーリーって文字がすでにエモい。



「よっ」って言えよはよ
車窓透けた僕赤ら顔
こっち気づいてや
キレイなってる横顔

恐らく昔お付き合いしていた彼女と、偶然列車の中で出会ったんでしょうね。
感覚的に言うと、昔の切符使うタイプのガタンゴトンって感じの列車(すでに語彙が皆無)
だとすると座席は2列シートかな?

2列シートの窓際にぽつんと座る僕。
通路を挟んで隣の2列シート窓際に座る彼女。

「よっ」って声を掛けてほしいな〜なんて窓の外を見てる僕は赤ら顔に。

こっちに気付いてほしいな〜なんて思い、窓に映る彼女を見ると、横顔がメチャメチャキレイになってる…………あぁ、時が経ったんだな、と。しみじみ思うわけですよ。


いつだって何だって繋いだ手と手
「めっちゃ幸せ」
言うて見つめ合った
目を閉じて
思い出ひたっとったけど
ドア開く まだ好きなんや

ふと思い出す懐かしい思い出。
手を繋いで「めっちゃ幸せ」って見つめ合ったんだね……(涙)
そんな思い出に浸ってたけど、

ーで、列車のドアは開くー

この列車のドアが開くタイミングは、きっと過去の思い出と現在の区切り。

思い出から冷めてもまだ尚、彼女のことが好き。


ガタンゴトン揺れる僕らは
いったいどこへ向かってるの
ポケットつまづいた僕の切符
乗り越しラブストーリー

僕も彼女も、今どこに向かってるのか、どこをみているのかまだよくわからないのかな?
僕はもしかしたらまだ彼女が好き、って気持ちを持っているけど、彼女は違うかもしれない。。

伝えたい言葉はポケットの中でつまづいちゃうんだね。

きっともうポケットから出てくることはないんだけど、出したくても、出てこない。きっと。


誕生日にくれた流行りのキャップ
実はサイズ きつい
「私も一緒に使いたくって」
ってエヘヘちゃうで

まて。しんどくて考えられない考えたくな(考えろ)

………取り乱しました。

いやもうこれはそのまんま。思い出話……なわけですよ。あまりにもリアルな、なんだかものすごく生々しい文章に、誰かの日記を覗いてしまったような申し訳ない気持ちになる……うう、重岡大毅、恐るべし…………………

で、追い討ちをかけるようにやってくるこれ

怒らせたくて パシャリ寝顔
「もうやめて〜」
って僕見つけてギュッ
アダムとイヴも二度見しとったやろ
ドア開く まだ降りないで

This is しんどい

誰も楽曲を聴いたとき"僕見つけてギュッ"だなんて思ってなかったはず。
この歌詞に気付いた瞬間エモさ120%上がった。
全世界は重岡大毅に恋をした。

アダムとイヴって、マジかよ。なんなんだよ。

アダムとイヴは禁断の果実を食べちゃって無垢が失われた結果、裸でいることが恥ずかしくなりイチジクの葉で裸を隠すんですよね。

アダムとイヴが二度見してしまう、って簡単に言ったら

"あの時の二人は、メチャメチャ無垢だった"

ってことではないです??

そのくらい純粋な純朴な二人だった過去を思い出して、何も考えずあんなにただただ好き同士だった時に戻りたいわけですよ。

まだそんな過去に戻りたい…!と、僕は思っているじゃないかな……?


ガタンゴトン揺れる僕らは
きっと笑うため泣いてたの
ポケットでぽけーっと僕の切符
乗り越しラブストーリー

あの別れ話のとき泣いたのは、今笑えるように。
今だから思えるわけだよね。でもまだ僕はひきづってるよ。………でも、ぽけーっと眺めることしか出来ない。

なんで?
彼女がもう新しい幸せに笑っていたから、だよね。


僕を待つ君がもしいたら
どんなに笑えんだろう
本当は知ってた サヨナラだって
君の切符幸せそう 僕が降りる駅
見えてきたよ

今もまだ彼女と付き合っていられたら、僕はどれだけ笑えるんだろうな…って考えてる自分がいるけど、
でも彼女にはもう新しい幸せがある。幸せそうに笑ってる彼女を見て、「わかってる、わかってるよ」と踏ん切りをつけつつ僕の降りる駅はもうすぐだ…僕はあの駅で、きちんと今と向き合おう…!と覚悟を決めてるのかな。


ガタンゴトン揺れる僕らは
出会い別れまた恋をして
ドンと構えた僕の切符
乗り越しラブストーリー

僕はずっと列車から降りることが出来なかった。
でも、この日を境に列車から降りるんだ。前に進むんだ。

"乗り越しラブストーリー"は、未練と断ち切るまでの僕の心情を描いてるんだと思ってる。


揺れる心 行け涙
僕の"愛してる"

僕がずっと彼女に言いたくて言いたくて仕方がなかった、ポケットから出てくることのなかった"愛してる"って言葉を、涙と共に列車に置いて駅に降りる………………………






うわあああああしんっっっっどい。


なんかもう重岡くんって凄くないです??


なんかもう何も言えない。こちらの語彙力はこの乗り越しラブストーリーによって吸い取られていったよね。


もう何も言えません。
とりあえず聴いてほしい。

聴いたことのないひとは是非とも聴いてほしい。



WESTivalの通常盤に収録されてます。ハイ
オムニ7 - セブンネットショッピング|ジャニーズWEST/WESTival(通常盤/CD) 通販





「作詞:重岡大毅


最高です………!!!!

〜内容のないプロローグ〜

 

 

とうとうはてブロ始めちゃったよ……誰が見るでもなくただの自己満なのはわかってるんだけど、わたしはひたすらに文字を打つことが大好きなんです…………ただひたすら喋らせておくれ………(黙れと言われそうなので黙る)

 

 

あ、えっと、わたしはジャニーズWEST重岡大毅くんのファンです。

 

たまーに妄想。

 

気分でなんでも書きます。くらいのソレにしておこうかな。

 

 

 

ツイッターでよくコンレポ流すんだけど嫌がるひともいるだろうし、こっちにまとめて流すのもありかな??なんて思ってます。

 

レポ厨ではなくひたすらに映像記憶で辿る民なので、要所要所違うんじゃ…?みたいなところがあるのはご理解願いたい。

 

 

あと!!!!

 

はてブロって難しくない??

よくみんなあんな淡々と書いてるよね!?!?

 

 

文字の大きさも勝手に変わっちゃうし、色変えるのって昔よく前略のリンクに使ってたソレですか????えええもうオバさん忘れた

 

 

はぁ、好きなことを書こう。好きなことを。

 

 

誰に見られてるとかそんなこと気にしないって決めたんだ!!!よし、楽しんで書くことにする。